ねこのこしぎんちゃく

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 未分類
  2. cm: 6
  3. [ edit ]

切腹した話

みなさまご無沙汰しております。
そしてあけましておめでとうございます!!!!
ことよろー

7月から更新してなかったのやねー。
ニンプの夏は地獄よ!
って北海道在住のオネエサマに死刑宣告されてたけど
冗談じゃないレベルで暑かったです(^_-)-☆

7月ごろからは股間の内部に装備してある骨の皆様が
各々「ミシミシ言いながら開こうぜ」言うてるようで激痛でした!
電車1時間弱と、片道10分の徒歩での通勤、割ときつかった/(^o^)\
何が痛いって、ずっと座ってて立ち上がって歩き始める数歩ね!
顔をしかめてヨチヨチ歩きするしかないレベル。
まだおなかも出てないのになんで(贅肉はあります)

というわけで夏が終わって秋がやってきたあたりから
不安に襲われて仕事中も瀕死でした。
何が不安って、産休とか育休ってなんなの申請どうすんの系\(^o^)/
私は割と最後まで妊娠出産が他人事だったので
ひたすら不安は「手続き」とかそういう系統でした。
ずぼらで整理整頓が苦手なのでね。
ほんで妊婦検診のたびに優しい先生に
「赤ちゃん!て感じの赤ちゃんやね」
とかよくわからないことを言われ、それがどんどん
「うわ大きいわ!!」
と毎回言われるようになり。。。

なんやかんやで帝王切開することになりました( ノД`)シクシク…
いままで骨折も虫歯も縫うような怪我もしたことない世間知らずの私が
\手術ですって/
最初は無痛分娩を視野に入れててやな
無痛分娩貯金とかしててやな
ほんで会社の老婆にすごい剣幕で「腹を痛めてこそ」論を展開されてやな
お前関係ないのにむっちゃ典型的やんwwと思いながらスルーしててんけど
いくら無痛分娩でも陣痛待ってからやし出口がびりびりに破けるし結局痛いとか
いろいろ恐れおののいてやな
どうせ痛いのならお金も浮くし通常分娩でいいんちゃうとか思ってやな
でも30分ぐらい胎動か心音のモニターする検診で
隣の部屋からリアル妊婦の陣痛に耐える絶叫が聞こえてきてやな
もう無理じゃんどうする俺!!!
ってなってたのに、無慈悲に帝王切開が決定されました。
理由は、予定日なのに2週間前から胎児の位置が変わってないのと
サイズがすでに予測3700あるから難産なる可能性が高いのと
そうなったらどうせ緊急帝王切開なるよ、と
最初の私のゴージャスな無痛分娩プランは吹き飛ばされました。
予定日の金曜にそれが決まり、
「土曜と火曜と木曜に手術してるねん、いつがいい?明日でもいいよw」
と無慈悲なことを言われ、半泣きで家に帰り
何も知らずに昼寝をしている猫たちを見て号泣し
特に花ちゃんは胎児に嫉妬して私にべったりの甘えん坊になってるのに
うわーーーーんと泣き続け
明日なんて心の準備ができない
かといって火曜木曜まで気分重いまま過ごすのもつらい
そもそもそれまでに突然産気づいて動けなくなったらどうする
などと悶々悶悶々
Photo 11-11-28 H, 14 06 52


しゃあないから翌日に決行することにしました。
入院は前日の夕方から、手術は翌日の昼イチから。
私は10時以降絶飲食守るから入院明日の朝からにしてぇ
って謎にゴネて、朝入院を許してもらいました\(^o^)/

ほんで手術ですよ。
直前にまた号泣し全員に苦笑いされるワイ/(^o^)\
先生はやさしい童顔のおっさんなのでいろいろ慰めてくれるねんけど
テレビで見る医者みたいにタワシみたいなやつで
シャコシャコ手から腕から絶賛洗いながらだったので
逆に怖いわ/(^o^)\

背骨にする麻酔の注射も痛いしねー
痛いというか、中で骨のあかんとこに触ってますけど!!
みたいな気持ち悪い感触、ジワーっと熱くなる下半身
麻酔が効いてるかどうかチェックする先生の
「これわかる?」といってツネる指が、麻酔の範囲外だったときとか
意地悪されたんかな?とか思う暇もなく/(^o^)\
でも全然感覚ないのな。すごいな麻酔。
意識あるのにもうハラキリ始まってるとかすごいな。
私は前日から飲まず食わずだし、恐れすぎて疲れてるし
初めての麻酔の効きがいいのか知らんけど
意識はあるけどポーっとしてて
赤子が取り出されて片手で印籠のようにドヤーっと見せられた時
むっちゃ冷静に
「病院とかにある赤ちゃん人形と一緒やなーむっちゃ泣いてるなー」
と思っていました。そらさっきまで呑気にモコラモコラ動いてたのに
いきなり引っ張り出されたらそら泣くよねー
そんなことより先生どうやって赤子持ってたの首根っこつかんでたの
とか思ってたら全身麻酔に移行、むっちゃトランプの夢みてる間に縫われたりなど。
1時からの手術で、30分程度で赤子の誕生、麻酔から覚めたのは7時半でした。
私があまりにも怖がったため、余計に丁寧に縫ってくれたらしい\(^o^)/

配偶者の話によると、手術終わったよーって出てきた先生の手術着には
ベットォーっと血がついていたらしい。
なにそれテレビの医者やん!!!
写真とっといてほしかったわー
だって病気の手術じゃないし、そんな光景ほかで見ることないし!!!
配偶者には「頭おかしいんか」ていわれたけどな!!

というわけで3700だとか私の骨盤とぎりぎりのサイズだとか
いろいろ私を脅した赤子は、骨太の3500グラムでした。
巨大児なのに、小さいのな( ;∀;)
Photo 11-13-28 H, 12 04 02

その日の夜は遠隔操作で定期的に図られる血圧とか
寝がえり打てないから床ずれみたいになりそうで痛いとか
いろいろ眠れない要素があったけど痛み止めには頼らず済みました。
しかし翌朝、手術着からパジャマに着替えさせられたのが
今まで経験したことのない痛みで、心が4つ折りになりましたよ。
ほんでそのあとは自分で歩いてトイレいけと。
無理じゃ\(^o^)/
でも病気で手術した人も同じ道を来るのに私は病気じゃないからできるはずと頑張りましたよ!
戻ってきてからもう二度とトイレ行かないと誓いましたけどね/(^o^)\

そんなこんなで手術後丸一日たって初めての食事!!
と一緒に赤ちゃんがガタゴトと運ばれてきました。
ちっさいのなー。声はでかいけどなー。
なんか壊さんようにあんま触らんとこう。
とおかしな方向になりました。

陣痛経験してないし、死ぬ気で出産してないし、
いや違う種類の痛みと絶賛戦ってますけどでもなんか「子供産んだ」感覚がなくて
「これ自分の子なのか」と実感することもなく
なんか変な感じでした。
もともと子供があんまり好きじゃないからというのも関係あるのかな。
なんかあれよ
「なにこれかわいいけどこわい!!!」という感覚のほうが強かったです。

ヨチヨチ歩きでやっと一人で激痛に耐えながらトイレに行けるようになった頃
麻酔の副作用の頭痛が発生。
これがもうとんでもなかった。
麻酔するときに背骨に注射の穴が開き、そこから髄液が漏れ出して
脳を支える髄液の圧力が下がるから発生する頭痛らしい。
横になってたら痛くないけど、座るだけでも動けないレベルの激痛でした。
それが3日ぐらい続きました。
死ぬかと思ったぉ/(^o^)\

というわけでそれが収まってから退院するまでの2-3日は楽園でした。
だって夜間は赤ちゃん預かってくれて母体を休ませる方針の病院だし
悠々自適の風呂付一人部屋だし家事しなくていいし/(^o^)\
ただ猫が恋しい。
Photo 11-11-28 H, 11 52 24
入院前日、キノコかソンブレロごっこしてた花ちゃん

Photo 11-10-28 H, 14 32 56
大好きな花ちゃんに埋もれた鈴のくち(*´▽`*)

というわけで退院して2か月半!
赤子は大変かわいいです。
しかし大変うるさいです\(^o^)/
そして私の肩と背中と腰は無事死亡しています/(^o^)\
あと赤子のお尻を支える手首も引退しております\(^o^)/
切腹痕は2か月ほどで笑っても痛くなくなりました。
寒いときはキューっとなんかひきつる気がして嫌やけども!
こないだまで花ちゃんのほうが重かった赤子、いまは花ちゃんより重くなりました。
元気いっぱい!

そしてそろそろ予防注射にいかないけません。
猫の皆さんもワクチンにいかないけません。

私は寝たい\(^o^)/

スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. cm: 4
  3. [ edit ]

タダ飯の話


ちょっと中国行ってきます。

ネットもほとんど見れない暇な日々へ。・゜・(ノД`)・゜・。

でも今回初めてビジネスクラス!田舎者の小物な私は大人の階段のーぼるー

あー猫こいしい




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

LittleEgg

Author:LittleEgg
かぞく:
ねこ2匹&和風人間と洋風人間
金魚とメダカとエビ

にほんブログ村

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。